安心安全な銀行

銀行のカードローンは銀行が運営を行っているものですので、消費者金融に比べて利用時の安心感があるという点ではとても使いやすいカードローンだと言えます。銀行のカードローンは銀行法と呼ばれる銀行独自の法律で運用されているため、消費者金融のような総量規制と呼ばれる規制が存在していません。その為年収の三分の一という利用制限もありませんし、専業主婦のような収入の無い人でも利用できる銀行カードローンも存在しています。

金利に関しては消費者金融と比べると大幅に低く設定されていますし、限度額に関しても1,000万円まで融資可能な銀行もありますので消費者金融のカードローンと比べた場合には非常に利便性が高く利息の支払いも少なくて済むというメリットがあります。しかし銀行のカードローンの場合は消費者金融と比べると審査が厳しいという側面もありますし、即日審査・即日融資が可能となる銀行が非常に少ないというデメリットもあります。

土日などは審査が出来ないという場合もありますので、その点においては消費者金融よりも劣る部分もあります。その為今すぐお金が必要な場合は銀行のカードローンは不向きだと言えるでしょう。しかし長い目で見れば金利も安く安心して使い続けられるのでその点においては消費者金融よりも優れている部分もあります。

スピーディーな消費者金融

消費者金融のカードローンの特徴は即日審査・即日融資というスピーディな対応が最も大きな特徴と言えます。これは銀行よりも圧倒的に優れている点で、早ければ数十分程度で利用が可能になることも有りますので、急いでお金を用意したい場合には消費者金融のカードローンのほうが利用するメリットが大きいと言えます。土日祝日でも審査が可能ですし、無人契約機など申し込みの方法も多種多様になっているのでその点においても銀行のカードローンよりも優れている部分が多いと言えます。

しかし消費者金融のカードローンの場合は貸金業法による総量規制がありますので、借りることが出来る金額が年収の三分の一までに制限されますし、収入の無い無職や専業主婦の利用は出来ないと言うデメリットもあります。この点においては銀行のカードローンよりも劣る部分と言えます。

また、銀行のように狭く深くというカードローンの展開ではなく、不特定多数の人に広く浅くというカードローン展開をしているため、リスクを考えて金利が高くなっている点も銀行のカードローンよりもデメリットとなりやすい点だと言えます。しかしいつでもすぐに契約で来て自由に利用できると言う点においては消費者金融のカードローンのほうが一歩も二歩も利便性が高いと言えます。

関連資料→ →キャッシングサービス申込み「NOLOAN」