安心安全な銀行

銀行のカードローンは銀行が運営を行っているものですので、消費者金融に比べて利用時の安心感があるという点ではとても使いやすいカードローンだと言えます。銀行のカードローンは銀行法と呼ばれる銀行独自の法律で運用されているため、消費者金融のような総量規制と呼ばれる規制が存在していません。その為年収の三分の一という利用制限もありませんし、専業主婦のような収入の無い人でも利用できる銀行カードローンも存在しています。

金利に関しては消費者金融と比べると大幅に低く設定されていますし、限度額に関しても1,000万円まで融資可能な銀行もありますので消費者金融のカードローンと比べた場合には非常に利便性が高く利息の支払いも少なくて済むというメリットがあります。しかし銀行のカードローンの場合は消費者金融と比べると審査が厳しいという側面もありますし、即日審査・即日融資が可能となる銀行が非常に少ないというデメリットもあります。

土日などは審査が出来ないという場合もありますので、その点においては消費者金融よりも劣る部分もあります。その為今すぐお金が必要な場合は銀行のカードローンは不向きだと言えるでしょう。しかし長い目で見れば金利も安く安心して使い続けられるのでその点においては消費者金融よりも優れている部分もあります。